特集記事

10月4日より、自然電力株式会社と自然エネルギー100%の契約を結びました。三沢医院も三沢介護院も全館です。電線を伝わって流れてくる電気は同じですが、気持ちは全然違います。とても清々しい気持ちです。うちは消費量が多いので、料金もかなり安くなる予定です。

自然電力株式会社

https://shizende...

自然エネルギー100%の契約をしました。

October 12, 2019

1/4
Please reload

最新記事

December 16, 2016

Please reload

県立大学の管理栄養士課程について

January 6, 2014

県立大学を4年生大学にすることが、松本短大と競合するとして議論の的になっています。特に管理栄養士課程が含まれることが強く批判されているようです。現状で、県内の管理栄養士養成課程のある大学卒で管理栄養士として就職した人は55人に対して、松本短大の定員が80人、県立大学の定員(予定)が30人ということが、定員は既に十分であるところ、民業を圧迫するということで問題になっているようです。

 

確かに民業の圧迫という意味では何らかの交渉が行われることに意見はありません。しかし、管理栄養士課程の定員増それ自体については、悪い事ではないと高齢者施設の経営者としては思うのです。

 

というのは、「デイサービスあがた」では管理栄養士が献立作りから調理まで行っている訳ですが、全ての施設がそうではありません。場所によっては、一般の介護員が調理を行っているところもあります。

 

管理栄養士としての就職というのは、病院などで管理栄養士でないと点数の請求ができないようなポストのことを指しているので、高齢者施設(特定施設を除く)の調理者のように、必ずしも管理栄養士でなくても構わないところは含まれないのです。

 

「デイサービスあがた」で管理栄養士が調理をしているのは、まったく偶然の出会いのおかげですから、人員基準として義務化してしまうと経営が非常に厳しくなるのは確かです。しかし、もし管理栄養士の有資格者の数が多ければ、このような「偶然の出会い」の確率も増えるでしょうし、施設で働く管理栄養士も増えるのではないでしょうか?

 

管理栄養士の数が増える事自体は、市民としては大変有り難いことでもあります。当の管理栄養士の皆さんからすれば競争が激しくなるなどの問題はあるでしょうけど。

 

いずれにせよ、この問題が、なぜか松本と長野の争いのように報道されてたことには違和感を覚えたのでした。

Please reload

連絡先​​​

Follow Us

More About Us

〒390−0812 松本市県2−4−7

医療法人 三沢医院 Tel: 0263 (32) 6706

合同会社 三沢介護院 Tel: 0263 (34) 4710

© 2013 by Misawa Kaigo-In.