病とともにある人に安らかな時間を
1/4

地域のかかりつけ医

 

三沢医院は、1977年に三沢健医師が開業して以来、地域のかかりつけ医(内科診療所)として人々の健康を守る努力を続けてきました。現在は、小林倫子医師が引き継ぎ、診療を続けています。

 

2013年からは高齢者デイサービスを併設し、医療と福祉の連携を実践しています。

三沢医院
デイサービスあがた

今後の予定

ヘルパーステーションあがた
25A2FCC8-1107-4C12-8F44-108522A37DBB-L0-001.jpg

病とともにある人に安らかな時間を

 

地域のかかりつけ医に通う患者さまの病気は慢性病が多く、多くの人が、病とともに長い時間を過ごしています。

 

地域の診療所にできることは、人々の命と健康を守ることはもちろん、ご家族を含めて「病とともにある人」に少しでも多くの安らかな時間を提供することではないか。私たちはそう考えて、デイサービスを併設しました。

 

今後も、「病とともにある人の生活を守ること」を使命として、医療や介護に限らずに、地域で必要とされる様々な事業を展開していくつもりです。

 

想像力と実行力によって、地域医療の新しい形を実現していきたいと考えています。

求人情報
ボランティア募集